やせる食事~ごはんより玄米がおすすめ~ - エステ体験口コミ調査 セルライト解消するぞ!

エステ体験  » スポンサー広告 » やせやすい体になる » やせる食事~ごはんより玄米がおすすめ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が実際に自分のカラダで体験してエステランキングを付けてみました。
「おすすめのエステ口コミランキング!」です。

コース内容や勧誘度、店内の雰囲気、体験価格などから
独断と偏見で付けたランキングです!

よかったらエステ体験選びの参考にどうぞ~!
エステ口コミ →おすすめのエステ口コミランキング!を読む

こちらもどうぞ~。
→エステ体験の口コミ一覧を見る

やせる食事~ごはんより玄米がおすすめ~

ダイエット=食べる量を減らす+運動をしてカロリーを消費する
というのが基本的なダイエットの公式です。

そのため、
やせるなら、お菓子を減らさなきゃ、ごはんを減らさなきゃ
と思っている人も多いはず。


食べ方によっても、太りやすい、太りにくいということが起こるんです。
それは「GI」というものに関係しています。



太りにくい食べ方のコツは、血糖値の急上昇をさせないこと


GIとは(Glycemic Index) グリセミック・インデックスの略。
「GIが高い食品のほうが、太りやすい」と覚えてください。


なぜ、そうなるのか
GIが高いものは、血糖値が急上昇しやすいのですが、
血糖値が急上昇すると、インシュリンという物質がたくさん出ます。


で。インシュリンがたくさん出ると・・・
1.体に糖分が蓄積しやすくなる
2.脂肪を分解するホルモンが出にくくなる

その結果、GIの高い食品のほうが、体に脂肪が溜め込まれやすくなるんだそうです。


太りにくい食べ方



例えば、すごくお腹が空いているときに
A.白いごはんをガツガツたべる
B.サラダやヨーグルトを食べてから白いごはんを食べる
C.玄米を食べる

の2つの食べ方を比べてみたとき
BやCの食べ方のほうが、太りにくいといわれています。

白いごはんやパン、麺などの炭水化物って、GI値が高いんです。


血糖値の上がり方は、
「食物繊維の多い食品・乳製品・酢と一緒にとると、急激な上昇が抑えられる」
といわれています。

そのため
体内に脂肪を不必要に溜め込まなくする(太りにくくする)ためには
サラダやヨーグルト、牛乳、酢の物などを先に食べてから
そのあとに、白いごはんやパン、パスタなどを食べたほうがいい
んですね。

また、同じごはんを食べるならGI値の低い玄米や五穀米入りごはんを食べるようにしたほうが
太りにくくなります

五穀米


これが、低インシュリンダイエットです。


もちろんGI値が低いものを食べても、全体の摂取カロリーが高ければ、使いきれないエネルギーがに脂肪として貯蓄されてますのでご注意を。




GI値の高い食品



ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率は、最高が100。
0に近いほど血糖値の上昇率は低く、太りにくい食べ物とされています。
※カッコ内はGI値

●穀物・パン・麺類

食パン(95) 
フランスパン(95)
白米(88)
ビーフン(88)
うどん(85) 
餅(85)
ロールパン(83)
そうめん(80)
パスタ(65) 


穀物やパン、麺類を取るなら
玄米(55) そば(54) 全粒粉パン(50)
などにしたほうが、太りにくい。
五穀米、雑穀米入りごはんもおすすめ。。


●野菜・芋類
じゃがいも(90) 
にんじん(80) 
とうもろこし(70)
かぼちゃ(西洋)(65) 
さつまいも (55)


●お菓子、間食類
チョコレート(91) 
ドーナツ (86) 
フライドポテト(85) 
ポップコーン(85) 
ショートケーキ(82) 
せんべい(80) 
クッキー(70)



白いごはんやパン、麺などの炭水化物の前に食べたい食品



●食物繊維の多い食品

○野菜(にんじん、ごぼう、さつまいも、ブロッコリーなど)
○豆類(大豆、エンドウ豆、あずき、いんげん、豆腐、おからなど)
○海草(わかめ、ひじき、昆布、寒天、もずく、ところてんなど)
○きのこ類(しいたけ、しめじ、えのきだけなど)
など

私、ひじきの煮物やおからの煮物、わかめたっぷりみそ汁などを食べると
便秘が治ります。翌日は、とっても快便に!


●乳製品
プレーンヨーグルト、牛乳、ドリンクヨーグルトなど

●酢の物


関連記事
私が実際に自分のカラダで体験してエステランキングを付けてみました。
「おすすめのエステ口コミランキング!」です。

コース内容や勧誘度、店内の雰囲気、体験価格などから
独断と偏見で付けたランキングです!

よかったらエステ体験選びの参考にどうぞ~!
エステ口コミ →おすすめのエステ口コミランキング!を読む

こちらもどうぞ~。
→エステ体験の口コミ一覧を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。